慰謝料と財産分与の相場

離婚資料

離婚の現状 - 慰謝料と財産分与の相場

慰謝料と財産分与の金額は、離婚の原因と内容夫婦の収入資産状況などによって決定します。
慰謝料の金額に明確な算定基準はありませんが、司法統計年報や離婚の原因と内容などから金額を算定することができます。

司法統計年報とは、最高裁判所事務総局が毎年発行しているもので、全国の裁判所が取り扱った民事や刑事の全裁判事件の判決総数や受理総数などが統計的にまとめられているものです。 この司法統計年報をもとに、調停など裁判所で離婚が成立した夫婦の統計を参考にして、離婚給付金の相場を統計的に把握することができます。

しかし、司法統計年報は、協議離婚を除く、裁判所に離婚が申し立てられた案件だけの統計です。 裁判所に申し立てられた離婚の中には、複雑な家庭事情や困難な案件もあり、一般的な平均よりも悪い条件で離婚したものが多く含まれています。 また、相場といっても自分とまったく同じ状態が存在するわけではないため、金額はおおよその目安として判断した方が良いでしょう。
どんな場合でも、最終的な決定は夫婦の話し合いによって成立するということです。

財産分与相場−支払者及び支払内容別(件)
  総数 うち財産分与の取り決めあり
総数 100
万円
以下
200
万円
以下
400
万円
以下
600
万円
以下
1,000
万円
以下
2,000
万円
以下
2,000
万円
以上
算定
不能
総数 25,656 8,604 2,258 1,229 1,434 746 786 535 269 1,277


- 7,694 2,022 1,150 1,327 690 711 502 260 1,032
- 910 236 149 107 56 75 33 9 245



金銭等 - 5,894 1,988 1,204 1,209 596 437 213 92 74
不動産 - 1,698 27 39 90 98 261 234 94 851
動産 - 508 213 40 10 12 4 4 2 223
金銭等・不動産 - 326 4 4 16 22 67 71 66 76
金銭等・動産 - 107 22 11 24 12 10 4 2 22
不動産・動産他 - 44 2 1 0 4 6 4 3 24
金銭等・不動産・動産他 - 27 2 0 0 2 1 5 10 7
平成15年度司法統計年報参照
財産分与相場-婚姻期間別
財産分与相場-婚姻期間別
スポンサード リンク
離婚ナビ > 離婚資料 > 離婚の現状 - 慰謝料と財産分与の相場