不倫をした妻からの慰謝料請求は認められるのでしょうか?

離婚相談Q&A
No.002
2005年6月15日掲載
  • 不倫をした妻からの慰謝料請求は認められるのでしょうか?

昨年末より妻が不倫をし、今は家を出て不倫相手と暮らしています。 お互いに離婚をすることに合意しているのですが、不倫をしている妻から慰謝料を請求されました。

妻は、不倫をしたのは、私が仕事に夢中になり家庭を顧みなかったことが原因と主張しています。 妻の主張は、法的に認められるもので、私は妻に慰謝料を支払わなければいけないのでしょうか?

30代 男性
  • あなたに離婚原因の有責性がある場合は、慰謝料を支払うこともあります。

妻が不倫をする以前より、夫婦関係が破綻していた場合は、あなたが慰謝料を支払うこともあります。 ただし、妻の主張が認められるのは、あなたの家庭を顧みなかった行為が直接の離婚原因と判断され、あなたに有責性があると認められた場合です。

夫婦の話し合いで解決できない場合は、家庭裁判所に調停申し立て、調停で夫婦双方の有責性の有無と程度を判断してもらい、慰謝料の金額を決めると良いでしょう。仮に妻の言い分がある程度認められても、妻の不倫の有責性の程度が大きいと判断されれば、あなたは妻に対し慰謝料を請求できます。

また、妻の不倫が直接の離婚原因と判断されても、財産分与の金額は、これらの有責性に左右されないため、妻には財産分与を請求できる権利があります。 しかし、妻に慰謝料を支払うだけの金銭的能力がない場合は、慰謝料と財産分与をトータルに考え、財産分与の金額を減額することができます。

スポンサード リンク
離婚ナビ > 離婚相談Q&A > 不倫をした妻からの慰謝料請求は認められるのでしょうか?