元夫の親から土地と家を譲り受けた場合、税金は課税されるのでしょうか? (贈与税 遺言書)

離婚相談Q&A
No.15
2005年10月25日掲載
  • 元夫の親から土地と家を譲り受けた場合、税金は課税されるのでしょうか?

私達家族(夫、私、子供6歳、3歳)は、結婚時から夫の実家で暮らしていましたが、夫が愛人を作り家を出て行き、この度、協議離婚が成立しました。 夫の両親は、夫が家に戻る気がないので、私と子供にこれまで通り一緒に暮らして欲しいと言いいます。 また、家と土地は舅名義なのですが、私に譲りたいそうです。

舅の気持ちは、とても嬉しいのですが、相続税がかかるのではないかと心配です。 離婚後、元夫の親から土地と家を譲り受けた場合、税金は課税されるのでしょうか?

30代 女性
  • 舅から土地と家を譲り受けた場合、贈与税が課税されます。

離婚の有無に関わらず、舅から土地と家を譲り受けた場合は贈与となり、贈与税が課税されます。 しかし、生前の贈与であれば高い贈与税がかかりますが、土地と家の贈与を死因贈与契約とすれば、相続・遺贈と同じ相続税の対象となります。

死因贈与契約は、財産を贈る側(贈与者)の死亡によって、贈与契約の効力が発生するため、贈与契約が実際に発生するまでには、何年、何十年とかかる場合があります。 後々、元夫側とトラブルが起こることも考えられますので、必ず契約書を作成し、公正証書にして残しておいた方が良いでしょう。

スポンサード リンク
離婚ナビ > 離婚相談Q&A > 元夫の親から土地と家を譲り受けた場合、税金は課税されるのでしょうか?