婚約破棄された場合、結婚前に会社を退職して得られなくなった給与を請求することはできるでしょうか? (婚約解消 慰謝料)

離婚相談Q&A
No.017
2005年11月15日掲載
  • 婚約破棄された場合、結婚前に会社を退職して得られなくなった給与を請求することはできるでしょうか?

結婚にあたり、私と彼の勤務先が離れており共働きが難しかったため、私は会社を退職しました。 ところが、式まであと3ヶ月になって、彼から結婚を考え直したいと言われ、婚約を一方的に破棄されました。 問いただしたところ、他に好きな女性ができたということが、婚約を解消したい理由のようです。 不当な婚約破棄による慰謝料請求のほか、会社を退職して得られなくなった給与を請求することはできるでしょうか?

20代 女性
  • 損害賠償として、婚約破棄の慰謝料、仕事を続けていれば得られた給与を請求することができます。

婚約とは、男女が将来結婚をすることを約束する、一種の契約といえます。 民法に婚約の規定はありませんが、正当な理由がなく、婚約を解消された場合は、相手に対して損害賠償請求が可能です。

今回、婚約者に不当な理由で婚約を破棄されていますので、婚約破棄による慰謝料、仕事を続けていれば得られた利益(給与)を請求することができます。 ただし、定年まで勤めた場合の給与を全額請求できるわけではなく、一般的な常識範囲内での損害金額を請求することになります。 過去の裁判の判例としては、勤めていた会社における女性の平均勤続年数や平均結婚年齢より、損害金額を決定した例がありますので、請求する際の基準になると思います。

また、婚約破棄の慰謝料は、婚約破棄の原因、相手の収入、婚約期間などを考慮して決定します。 一般的に話し合いで和解した場合、慰謝料の金額は、50万円から200万円になることが多いです。

スポンサード リンク
離婚ナビ > 離婚相談Q&A > 婚約破棄された場合、結婚前に会社を退職して得られなくなった給与を請求することはできるでしょうか?