元妻の再婚相手から、息子が虐待を受けているようです。親権者の変更手続きは、どのように進めたらよいのでしょうか?

離婚相談Q&A
No.028
2006年03月15日掲載
  • 元妻の再婚相手から、息子が虐待を受けているようです。親権者の変更手続きは、どのように進めたらよいのでしょうか?

3年前、元妻との離婚の際、私は、当時5歳の息子を養育することが困難だったため(離婚に至った理由のひとつに、私の仕事が忙しく家庭を顧みなかったということがあるので)、妻が親権者となり息子を育てることになりました。 その後、元妻は1年前に再婚し、私は来月再婚の予定です。

先月、息子から、元妻の再婚相手から暴力などの虐待を受けていることを告げられました。 息子のためにも、親権者を変更したいと思うのですが、今後どのような手続きが必要になるのか分かりません。

また、元妻との離婚に至った理由より、親権者の変更が認められるか不安ですが、今は、私の仕事も落ち着いたため息子の面倒を看ることができ、私の再婚相手と協力して息子の養育を行うことができると思います。

30代 男性
  • 家庭裁判所に親権者変更の調停・審判の申し立てを行った後、家庭裁判所が子供の利益と福祉のために必要があると判断した場合に限り、親権者を変更することができます。

親権者を変更する場合、民法819条第6項の規定により、必ず家庭裁判所にて調停・審判を受けなければなりません。 たとえ協議離婚であっても、子供の両親の協議だけでは、親権者の変更を行うことはできませんので、家庭裁判所へ親権者変更の調停・審判の申し立てを行います。 調停・審判は、子供の両親のほか、子供の親族からでも申し立てることができます。

親権者変更の申し立ての後、家庭裁判所の調査官によって、現在の親権者が子供の養育、監護にとって適切であるかを調査します。 そして、現在の親権者が、子供の養育、監護にふさわしくないと判断された場合に親権者の変更が認められます。

現在の親権者の再婚相手から虐待されているということですので、子供の証言のほかに医師の診断書などを取るなどして虐待の事実を証明し、現在の親権者が子供を養育、監護するのに適切でないことを主張する形になると思います。 また、相手方は、離婚に至った経緯を理由に、親権者の変更を拒否することも十分考えられますので、今後、あなたが子供の養育、監護を適切に行えることを示すことも必要になるでしょう。

スポンサード リンク
離婚ナビ > 離婚相談Q&A > 元妻の再婚相手から、息子が虐待を受けているようです。親権者の変更手続きは、どのように進めたらよいのでしょうか?