介護が必要な親との同居を拒む妻と、離婚できるでしょうか?

離婚相談Q&A
No.045
2006年09月30日掲載
  • 介護が必要な親との同居を拒む妻と、離婚できるでしょうか?

私の母は体が不自由なため介護が必要です。 これまで妹が母の介護をしていましたが、妹が結婚することになり、これを期に私の家で母を受け入れたいと考えていました。 しかし、妻が母の介護をしたくないと言い同居を拒んでいます。
妻は、結婚後も仕事を続けており、母の介護のために仕事を辞めることが嫌なようです。 また、妻は仕事ばかりで家事が疎かなため、私は、元々妻には仕事を辞めて家に居てもらいたいと思っていました。
このままでは、離婚も考えています。 介護が必要な親との同居を拒む妻と、離婚できるでしょうか?

40代 男性
  • 介護に非協力的な場合、状況により離婚原因になります。

高齢化の進む現代において、配偶者や配偶者の両親の介護が原因になり離婚するケースは、近年増加の傾向にあります。 介護の方法をめぐってトラブルになり離婚に至ってしまう、このようなケースのことを、介護離婚と言います。

配偶者の親の介護に非協力的な場合、離婚原因になり得ますが、介護が必要な度合いや協力の程度なども考慮されます。

夫は外で働き、妻は家で子育てや家事を行うといった形態をとる夫婦は多く、そのため高齢者の介護を行うのも、妻であると思われがちです。 しかし、妻にも職があり、仕事を辞めなければ介護を行うことが困難な場合、本人が望まない介護を強要することはできないでしょう。

介護に関する協力の一切を拒否した場合は、離婚原因なり得ますが、例えば、妻が同居して介護はできないが、ホームヘルパーや介護施設にかかる費用の一部を負担するなどした場合は、離婚原因にはならないでしょう。 逆に、妻に仕事を辞めさせ、介護の全てをまかせて自分は何もしない場合、夫側に問題があると判断されることもあります。

また、今回、介護のことで離婚をお考えのようですが、妻の仕事に対して良い印象を持たれていないことが、そもそもの原因かと思います。 介護の方法について話し合われると共に、仕事や家事のことについてもよく話し合ってみて下さい。

スポンサード リンク
離婚ナビ > 離婚相談Q&A > 介護が必要な親との同居を拒む妻と、離婚できるでしょうか?