弁護士の依頼方法

離婚のすすめ方

弁護士の依頼方法 - 弁護士の依頼方法

離婚は、夫婦間の愛情や信頼の喪失などの感情的な問題のほかに、子供の親権慰謝料、裁判といった専門的知識を必要とする法律上の問題を解決しなければなりません。 こうした問題の解決に費やす労力を軽減し、できるだけ有利な条件で離婚したいと思うなら、早い段階で弁護士に依頼しておいた方が良いでしょう。

また、問題を個人で解決しようとして対応方法について悩んでいるうちに、かえって問題が長期複雑化してしまうことがあります。 配偶者から暴力を受けている場合、子供の引き渡しを求める申し立てを行う場合、財産関係等が複雑な場合など、重大な問題を抱えている場合は、離婚と共に問題の早期解決が必要です。 こうした問題の解決には、法律の専門家である弁護士の力が欠かせません。

一般的に、日常生活で弁護士に接する機会はあまりないので、弁護士にどこでどのようにして相談したらよいか悩まれる人もいるかもしれません。 弁護士に依頼するには、以下の方法があります。

・知り合いの弁護士に相談する
・知人や友人に知り合いの弁護士を紹介してもらう
・都道府県の弁護士会に紹介を依頼する
・地方自治体の法律相談に申し込む

弁護士は、問題を解決をしてくれるだけでなく、あなたが分からないことや苦しんでいることについて相談を受け、経験と総合的な判断をもとに有益なアドバイスを与えてくれます。 しかし、一概に弁護士といっても様々ですから、弁護士に依頼する際は、依頼する弁護士がどのような人物で、過去にどんな種類の事件を扱ってきたかを知ることが重要です。

弁護士を依頼する際は、以下の点について確認し、依頼者であるあなたの気持ちや立場を理解してくれる弁護士に依頼するようにしましょう。

・離婚問題を多く扱った経験がある弁護士
・相談や悩みを丁寧に聞いてくれる弁護士
・依頼者の気持ちを良く理解し、依頼人と対等な立場で話しができる弁護士
・依頼者に不利益な事情もきちんと聞く弁護士
・交渉能力に秀でた弁護士
・法律知識を熟知し、熱心な弁護士
・弁護士との相性

離婚問題の解決には、依頼者と弁護士の協力が欠かせません。 依頼者は、弁護士に自分に不利なことも含め全てを話しましょう。 弁護士は、あなたに不利益が生じないよう対処してくれるはずです。 依頼者と弁護士が互いを信頼し協力して事件を解決するという姿勢が、きっと良い結果をもたらすでしょう。

スポンサード リンク
 
弁護士の依頼方法 / 弁護士費用 / 弁護士費用を支払えない場合
離婚ナビ > 離婚のすすめ方 > 弁護士の依頼方法 - 弁護士の依頼方法