離婚後の戸籍と姓

離婚のすすめ方

戸籍と姓 - 離婚後の戸籍と姓

婚姻中の夫婦の戸籍は1つですが、離婚後の戸籍はそれぞれ別になります。
例えば、結婚して夫の姓を夫婦の姓として称する場合、夫を戸籍筆頭者する戸籍を新しく作り、妻は夫の戸籍に入ります。 この夫婦の場合、離婚すると妻の戸籍は、配偶者である夫の戸籍から除籍されるため、妻は結婚前の親の戸籍に戻るか、新しく自分の戸籍を作らなければなりません。 また、原則的に、妻の姓はもとの姓に戻ります。夫が婚姻に際し、妻の姓を称していた場合は逆となります。

離婚後の戸籍と姓の選択には、3通りの方法があります。

・離婚前の戸籍と姓に戻る
・婚姻前の姓に戻り、自分を戸籍筆頭者とした戸籍を新しく作る
・離婚後も婚姻中の姓とし、自分を戸籍筆頭者とした戸籍を新しく作る

上記のように、原則的に婚姻に際し姓を変更した方の姓はもとの姓に戻りますが、離婚後も婚姻中の姓を継続して称することもできます。 離婚後も婚姻中の姓を継続して称する場合は、離婚成立後3ヶ月以内に離婚の際に称していた氏を称する届を市区町村役場に提出します。 元の配偶者の承認や証人を必要としないため、自分ひとりで届出を行うことができます。

離婚の際に称していた氏を称する届の提出期間を過ぎた場合は、家庭裁判所に氏の変更許可の申し立てを行い、姓を変更する許可が必要となります。 このとき、変更を求める理由が厳しく問われますので、必ず離婚成立後3ヶ月以内に手続きを行って下さい。

離婚の際に称していた氏を称する届を離婚届に添えて提出すれば、提出手続きは1回で済み、提出し忘れることもありません。 しかし、提出後、旧姓に戻りたいと思うようになることも多々あるので、離婚届と同時に提出しないで、猶予期間の3ヶ月間に慎重に考えてから、離婚後の姓を決めた方が良いでしょう。

離婚届には、婚姻前の姓に戻る方の戸籍について記載する欄があります。 離婚する際は、あらかじめ離婚後の戸籍と姓について決めておかなければなりません。 しかし、離婚後、生活や心情の変化から離婚の際に決めた姓を変更したいと思うこともあります。 こうした場合にも、氏の変更許可の申し立てを家庭裁判所に行い、家庭裁判所の許可が得られれば、離婚の際に決めた性を変更することができます。

スポンサード リンク
 
離婚後の戸籍と姓 / 子供の戸籍と姓
離婚ナビ > 離婚のすすめ方 > 戸籍と姓 - 離婚後の戸籍と姓