面接交渉の方法

離婚のすすめ方

面接交渉権 - 面接交渉の方法

面接交渉の方法に決まった形式はなく、それぞれの家庭の事情に応じて様々な方法がとられています。
面接交渉に際しては、「いつ、どこで、どれくらい、どのように」といった条件を決めておきます。
各項目について大まかに決めておき、日時や場所などの詳細は、面接交渉日の近くに決める方法もありますが、離婚後に面接交渉をめぐった争いを避けるためにも、話し合いで決めた内容は必ず離婚合意書公正証書などの文書にして残しておきましょう。
以下に、面接交渉の取り決めを行う際に決めておくべき代表的な項目についてまとめています。

・月に何回、年に何回会うかなどの面会の頻度 ・面会を行う場所
・面会の時間 ・宿泊の有無
・子供の夏休みなどの長期休暇の扱い ・電話や手紙などの連絡方法の手段
・誕生日やクリスマスなど特定日の扱い ・子供の写真や成績表など、成長記録の閲覧
・面会場所までの送り迎え ・授業参観や運動会などの学校行事への参加
・監護者の同行

監護者の同行とは、子供との面会に監護者の立会いを決めることです。
子供を別れた相手に会わせることに不快感を持っていたり、そのまま連れ去れるのではと不信感を持っている場合は、面会に子供だけを行かせたくないものです。 この場合は、夫婦で話し合いを行い、それぞれが譲り合ったり、信頼を得られる努力をして、子供にとって良い面接交渉の場になるよう協力をしてもらいたいと思います。

子供も友達との約束や学校の行事、体調の変化などで、急に予定が変わることもあります。 こうした場合に、無理矢理子供を連れ出すことは、子供にとって大きな負担と不快感を抱かせます。 普段、一緒に生活をできないだけに、子供に会いたいという思いはとても強いでしょうが、子供の意思を尊重して、子供の予定や体調など子供に配慮することが、面接交渉を続けていく上で一番大切なことだと思います。

スポンサード リンク
面接交渉権
面接交渉権 / 面接交渉の方法 / 面接交渉権を認めない場合 / 子供を連れ去れた場合
離婚ナビ > 離婚のすすめ方 > 面接交渉権 - 面接交渉の方法