裁判離婚

離婚のすすめ方

裁判離婚 - 裁判離婚

裁判離婚とは、夫婦間の話し合いによる協議離婚ができず家庭裁判所の調停や審判でも離婚が成立しなかった場合、裁判で離婚訴訟を行い、離婚を認める判決を得て離婚する方法です。 夫婦のどちらか一方が離婚に合意していなくても、裁判で離婚を認める判決を得れば、裁判所の法的強制力によって離婚が成立します。

調停離婚は、調停委員会が合意による円満な解決を目指して話し合いが行われますが、裁判離婚では、法定の場において夫婦双方が主張を述べ合い、その主張を裏付ける証拠を提出したり証人を申請するなどして、裁判官の判決を得ます。

傍聴自由な公開のもとで行われる法廷では、見知らぬ人々の前で尋問されその証言を行います。 精神的負担のほかに、裁判費用時間労力がかかることにも覚悟が必要ですし、望み通りの判決が出るとは限らないことも覚悟しおく必要があります。 また、裁判の期間は、1審だけでも1〜1年半はかかり、最高裁判所まで争うことになれば3〜5年はかかります。

裁判では法律の専門知識や技術も必要なため、裁判離婚を行うのであれば早くから弁護士に依頼した方が良いでしょう。

スポンサード リンク
 
裁判離婚 / 離婚訴訟の提起方法 / 法定離婚原因 / 裁判離婚の注意点
離婚ナビ > 離婚のすすめ方 > 裁判離婚 - 裁判離婚