離婚訴訟の提起方法

離婚のすすめ方

裁判離婚 - 離婚訴訟の提起方法

離婚訴訟は、一般の裁判と同様、裁判を起こす側の原告(離婚したい方)が訴状を裁判所に提出して訴訟を起こします。 訴訟の提起には、離婚を求める内容(請求の趣旨)とその理由(請求の原因)を書いた訴状を2通作成し、調停不成立証明書と戸籍謄本を添えて提出します。 提出先は、管轄の家庭裁判所です。

従来、離婚などの訴訟は地方裁判所で行っていたのですが、人事訴訟法の改正により、2004年4月からは家庭裁判所に提起するようになりました。 また、上記法改正により、本人尋問などの一部に限り非公開で行えるようにもなりました。

管轄裁判所とは、以下の該当する管轄裁判所になります。

同居の場合 ・夫婦が同居している住所の管轄裁判所
別居の場合 ・夫婦が同居していた住所に夫婦の一方が今も住んでいるなら、その住所の管轄裁判所
・夫婦のいずれか住んでいる住所の家庭裁判所

調停では、夫婦双方の合意により調停の申し立て先の裁判所を選べますが、離婚訴訟は原則的に上記3箇所のいずれかの裁判所で行われます。 指定裁判所への出頭は絶対的なものであり、裁判所の変更を求めることはできません。

訴状は、所定の用紙や形式はありませんので、弁護士に作成を依頼した方がよいでしょう。 弁護士に、望む判決とその理由をよく相談して、自分のケースに合った内容の訴状を作成してもらいましょう。

スポンサード リンク
裁判離婚
裁判離婚 / 離婚訴訟の提起方法 / 法定離婚原因 / 裁判離婚の注意点
離婚ナビ > 離婚のすすめ方 > 裁判離婚 - 離婚訴訟の提起方法