児童扶養手当

離婚のすすめ方

離婚後の生活 - 児童扶養手当

児童扶養手当とは、離婚などで父親と生計を同じにしていない母子家庭の母親や養育者に対し、生活の安定や児童の福祉の増進を図るため支給されるものです。

手当を受けることができる人は、次の条件に当てはまる「18歳に達する日以降最初の3月31日までの間にある児童」を監護している母親や母に代わってその児童を養育している人です。

・父母が離婚した児童 ・父親が1年以上家を出て連絡がない児童
・父母が死亡した児童 ・父親が1年以上法律により拘禁されている児童
・父母が重度の障害にある自動 ・母親が婚姻によらないで懐胎した児童
・父母の生死が明らかでない児童 ・父母ともに不明である児童(孤児など)

手当額は、児童数に応じて以下の額が支給されます。但し、母親や生活を共にしている扶養義務者の所得に応じて、規定額の一部又は全額が支給されない場合があります。

手当額=41,880円-(受給者の所得額-全部支給所得の制限限度額)×0.0184913

(例)子供が1人、母親の所得が120万円、税の扶養親族が1人の場合
41,880円-(1,200,000円-80,000円−570,000円)×0.0184913=31,710円

*10円未満四捨五入
*一律控除8万円のほか、諸控除が受けられる場合があります。
*養育費は、その金額の80%が所得として取り扱われます。
(給与所得等に養育費の80%を加算したものが本人所得となります)
児童扶養手当の所得制限
前年度の
扶養親族数
受給資格者の前年度の所得
全部支給 一部支給
0人 190,000円 1,920,000円
1人 570,000円 2,300,000円
2人 950,000円 2,680,000円
3人 1,330,000円 3,060,000円
4人 1,710,000円 3,440,000円
5人 1人につき380,000円が加算
児童扶養手当の支給額
児童数 全部支給 一部支給
1人 41,880円 41,870円〜9,880円
2人 46,880円 46,870円〜14,880円
3人 49,880円 49,870円〜17,990円
4人以上 1人につき月額3,000円が加算
スポンサード リンク
医療保険
年金 / 医療保険 / 児童扶養手当 / 生活保護 / 公的扶助 / 再婚
離婚ナビ > 離婚のすすめ方 > 離婚後の生活 - 児童扶養手当