審判の異議申し立て

離婚のすすめ方

審判離婚 - 審判の異議申し立て

家庭裁判所の審判に不服がある場合、審判の告知を受けた日から2週間以内に異議を申し立てると、審判は効力を失います。 異議の申し立ては、夫婦のどちらかが審判に対する異議申立書に署名押印し、審判の謄本を添えて審判をした家庭裁判所に提出します。 異議申し立ての理由は問われません。

また、審判離婚は、離婚の当事者がほとんど離婚に合意している場合に適応されることが多いため、審判に対する異議の申し立ては極めて少ないの実状です。

スポンサード リンク
審判離婚
審判離婚 / 審判の異議申し立て
離婚ナビ > 離婚のすすめ方 > 審判離婚 - 審判の異議申し立て