相談と依頼方法の注意点

離婚のすすめ方

浮気調査 - 相談と依頼方法の注意点

探偵事務所興信所に、相談や調査を依頼するのが初めての人は多いと思います。 そして、どのようにして調査を依頼すればよいかと困惑される人もいるでしょう。 探偵事務所や興信所の方は、依頼者から調査に関する情報を聞き出すことにも精通していますが、調査を円滑に進めるためには、事前に状況を整理し、依頼内容に関する情報や、調査で必要な資料などを用意してから相談する方が賢明です。 また、契約内容の全てを一任するのではなく、あなた自身が納得のいく調査を依頼できるよう、十分な話し合いを行って決めましょう。

依頼内容を整理する
探偵事務所や興信所に相談する前に、「依頼の目的・状況・経緯・調査の結果どうしたいのか」など、依頼する内容を整理しましょう。 調査を依頼される方も、調査を依頼される目的などが明確でないと、調査方法や日程などを計画することができません。 また、依頼内容を整理しておいた方が、探偵事務所や興信所も的確なアドバイスができると思います。

調査に必要な情報や資料を準備する
一般的に、調査期間や調査費用は、調査の難易度によって決定されるので、事前に調査内容の情報や資料が知らされていると調査が円滑に進み易くなり、調査期間を短縮し費用も抑えることができます。
例えば、夫や妻の浮気相手が分からなくても、事前に調べておいたメールや携帯電話の履歴から相手を特定することができ、決定的な浮気の証拠を抑えたとします。 もし、事前に情報を知らされていなかったら、同じ調査期間では相手を特定するだけで調査が終わっていたかもしれませんし、調査を継続して証拠を抑えたとしても、調査の延長料が多くかかってしまいます。
全く情報がないことと僅かでも情報があることの違いにより、調査結果が左右されることもあるのです。

不安や疑問を解消してから契約する
調査内容や調査費用などに不安や疑問が残った状態で契約をすることは良くありません。 不安や疑問は質問をして、契約をする前に全て解消しておきましょう。 仮に調査が不成功だったとしても、契約内容に納得できていればトラブルになることもないでしょうし、後悔することも少ないと思います。
また、探偵事務所や興信所は、依頼者に不安や疑問を持たせないように努めることが必要です。

契約内容を理解する
調査依頼の契約は、契約内容を理解してから行わなければなりません。 特に、調査費用の内訳や追加料金に関する詳細を確認し、理解するまでは契約をしてはいけません。
ごくわずかですが、探偵事務所や興信所を称した利益優先の悪徳業者が存在します。 こうした業者は、契約内容の詳細を説明しないですぐに契約しようとするばかりか、脅迫に近いかたちで強引に契約をしようとしたり、依頼者を不安がらせるような言動を行い契約をしようとします。 また、着手金が安くても調査後に法外な料金を請求してくる業者も存在します。
ほとんどの探偵事務所や興信所は、まじめに依頼者のために調査をしていますが、調査を依頼する際は、追加料金の有無など契約内容をよく確かめ理解してから契約をして下さい。

調査報告書を依頼する
浮気の証拠は、裁判で資料として提出することができます。 浮気調査を依頼する際は、事前に証拠の活用法について説明しておくとよいでしょう。 探偵事務所や興信所も、法的証拠として通用する写真や記録などをまとめた調査報告書を作成してくれると思います。

スポンサード リンク
探偵と興信所の選び方
離婚と浮気 / 探偵と興信所の選び方 / 相談と依頼方法の注意点
離婚ナビ > 離婚のすすめ方 > 浮気調査 - 相談と依頼方法の注意点